夏 の 合 宿

   暑い夏が始まりましたが、2016年もさがそうの部活動は秋の大会に向けて、どの部も頑張っています。
   このページでは、昨年に引き続き、この夏、合宿を実施した部活動を紹介します。




 ◆ 2015年 

 ■陸上競技部

  陸上競技部は8月4日から3泊4日で、昨年同様、長野県峰の原高原のペンション「ブランコ」を貸し切っての合宿を行いました。
  合宿とは思えないペンションの料理(フルコース)を励みに、全員で厳しい合宿を乗り越えました。
  今年の春に6種目県大会入賞、4種目関東大会出場を果たしたことを良いプレッシャーとして、さらなる「強いチーム」を目指すため
 ただ練習をこなすだけではなく、「なぜ、厳しい練習をやるか?」を全員が課題として取り組んだ合宿でした。
  練習は短距離はタータンの公認競技場、長距離は標高1500mのクロスカントリーコースを中心に合宿ならではの練習ができ、全ての
 練習が終わったとき、やりきった達成感と感動で涙する者もいました。厳しい練習の答えも理解できたと思います。
  この秋の大会が楽しみになる合宿でした。

  

    

    



 ■吹奏楽部

 吹奏楽部は7月18日から3泊4日の校内合宿を行い、吹奏楽コンクールや定期演奏会に向けて、集中的に練習しました。
 朝は早起きをして、清掃・体力トレーニング・マーチング練習(マーチングは9月21日に相模原市民会館で行う定期演奏会で披露します!)
です。昼はパート練習、個人レッスン等を集中的に行い、夜は体育館で全体合奏です。
 今年は昼間に野球応援もあり、ハードな日程でしたが、この合宿を乗り越えて技術的にも精神的にもまた一歩、成長することができました!


    



 ■野球部

 私たち野球部は7月31日から8月3日まで長野県伊那市にて3泊4日の強化合宿を行いました。この合宿では、野球の技術の向上はもちろんですが、身の回りの事もすべて自分たちで協力して行うことを徹底しました。目の前の困難な状況を打開すべく、21人が力を合わせた今回の合宿の成果を秋季大会で存分に発揮し、チーム目標である「秋季ベスト8以上」目指して頑張ります。
 日頃より「野球」に打ち込める環境を整えてくださるすべての方々にお礼を申し上げるとともに「勝利」という形で恩返しします。


   

   



 ■サッカー部

 私たちサッカー部は7月28日(火)〜7月31日(金)まで山梨県南都留郡の山中湖にて夏合宿を行いました。この合宿の趣旨として、普段以上のフィジカルトレーニングにより個々の体力と精神力を鍛え、新チーム結束を高めること、積極的に動くことを目標とし、最終日には、恒例になっている山中湖1周マラソンを行い、1つでも多く順位を上げたいという貪欲さを持ち、リタイヤなく全員が走り切りました。
 どんなにつらい時でも、チームで励ましあい戦い抜く力を身に着けられた4日間でした。10月の新人戦に照準をあて、合宿での練習を糧に頑張りたいと思います。



   

            



 ■軽音楽部

 軽音楽部は8月6日〜9日の3泊4日、長野県北志賀高原において合宿を行いました。
 初日の決意表明会ではこの合宿を通しての目標を部員一人一人が掲げます。2日目、3日目は朝8時〜夜9時まで小スタジオでのバンド練習、
 オリジナル曲の作成、夜9時からはパート別の練習が行われました。最終日は部員全員が入ることのできるスタジオを借りての成果発表会で
 す。思うように曲が作れなかったり、演奏ができなかったりと自分たちの力量を実感する合宿でした。
  この4日間を通して個人的な技術力、バンドとしての演奏力だけではなく、集団行動の中で仲間との絆や自分の役割を責任を持って遂行す
 ることを学びました。
 1、2年生は文化祭、秋のコンクールに向けて、3年生は全国大会出場、引退前最後の行事となる文化祭に向けて全力で臨んでいきます!


   

   



 ◆ 2014年 


  陸上競技部

 陸上競技部は7月21日から3泊4日で、昨年同様、長野県峰の原高原のペンション「ブランコ」を貸し切っての合宿を行いました。
 ちょうど合宿中に関東地方が梅雨明けし猛暑となりましたが、朝晩は20度を下回り、練習中も涼しい環境の中で、短距離はタータンの公認競技場、長距離は標高1500mのクロスカントリーコースを中心に「質」「量」とも合宿ならではの練習ができました。
 今年の合宿テーマは、@「厳しい練習のなかで心も身体も極限状態になったとき、自分はどのように行動するか?」、A「その時、チームの一員としての役割をどう果たすか?」を掲げました。
 練習のなかで「新たに発見する自分(強さや弱さ)」や「本物のチームワーク」を考えながら、皆、一生懸命に取り組んでいました。
 合宿の成果を今後の練習に生かし、秋の県の新人戦では個人種目複数入賞、リレー決勝進出、春に関東大会大会に出場した武居君は関東選抜での入賞を目標に、始まったばかりの夏の練習を部員一丸となって乗り切っていきます。
 
   

  
   



  吹奏楽部

 吹奏楽部は7月22日から3泊4日の校内合宿を行いました。仲間と共に朝から晩まで全力で音楽と向き合った4日間でした。
 行動面では「他人の意見を受け入れ、自分の意見をはっきり言える家族になる」ことを目指して、日々活動しています。
  今年度の初日は、野球応援からスタートしました。 2日目以降は、朝6時に起床し、清掃・トレーニング・マーチング練習です。(マーチングは、9月20日に市民会館で行う定期演奏会で披露します!) 午前中はパート練習やセクション練習、プロの先生方によるレッスンが中心となります。 その後、夕方に近くの温泉施設で入浴・夕食を済ませ、夜は音楽室や体育館での合奏です。今年は3日目の夜に、本番を想定したホール練習も行いました。
 今年度の相模原吹奏楽コンクールは、相模女子大学グリーンホールで7月30日(水)に行われます。本校は、高等学校A編成の部に出場します。吹奏楽部の目標である「心に響く演奏をする」ために、本番まで全力で取り組みます!

 
  

   



  サッカー部

 サッカー部は、7月29日から3泊4日で山梨県山中湖村において合宿を行いました。
 今年のテーマは、「チーム像の共有」と「声を出す」という2つを掲げました。
 初日は、宿に到着後、午後から練習を開始しました。2日目と3日目は両日とも、早朝ランニングから始め、午前中にフィジカルトレーニングを行い、午後は他校と練習試合をしました。 2日目は、東京都の成城高校と試合をし、0対4、3対0、3対1で2勝1敗という結果でした。新チームの初陣は、残念ながら勝利で迎えることはできませんでした。 3日目は、東京都の飛鳥高校と神奈川県の追浜高校と試合をしました。結果は1対4(対飛鳥高校)、0対1(対追浜高校)と連敗を喫するという悔しい結果となりました。 そして最終日は、毎年恒例の山中湖一周マラソン(約13km)です。今年は全体的にタイムが早く、一位の選手は53分というベスト記録をたたき出しました。
  この4日間の合宿を通して、練習試合では満足いく結果を残せませんでしたが、確実にチームは前進しています。これまでの先輩達が築いてきてくれたものの上に、「声で負けない」というこのチームの色を足して、まずは秋の新人戦グループ1位通過を目指して明日も仲間のために走り続けます。


   

   



  野 球 部

 野球部は7月31日から8月3日まで長野県伊那市にて3泊4日の強化合宿を行いました。
 チーム目標である「秋季大会ベスト4進出」のため、熱く、厳しい合宿となりました。
 当たり前の実践の徹底、チーム組織力の構築、野球の基本技術の習得と内容も濃く、朝から夜遅くまで野球漬けの日々を過ごしました。
 野球の技術向上だけではなく、一人の人間として成長できる貴重な機会をいただきました事に感謝するとともに、秋季大会へ全力で挑みます。


   

  


 
 バスケットボール部

  バスケットボール部は男女一緒に8月1日から4日の3泊4日で長野県で合宿を行いました。
 千曲市の旅館に宿泊し、長野市や上田市の地元の学校にお世話になり練習試合が中心です。今年は「コミュニケーション」を
 目標に、試合の中で適切な指示をチーム全員ができるよう取り組んで来ました。
  期間中は早朝ランニング、日中は試合を重ね、旅館に戻ってからはまたまたランニングとひたすら走ります。
 食事も普段の3〜4倍の量を食べ、選手たちは全てがトレーニング!苦しいことばかりですが、その後は旅館自慢の温泉で
 疲れを癒し、リラックスできました。
 現チームは、男女とも仲が良く、コートの外でのコミュニケーションは抜群ですが、コート内ではまだまだ課題山積です。
 しかし、苦しいことも楽しいことも全員で共有することができるこのメンバーでさらなる飛躍を目指します!!
 今回もお世話になった旅館の方々をはじめ、各高校のみなさん、本当にありがとうございました。

   

   



  剣 道 部

 剣道部は山梨県南都留郡道志村で8月6日から2泊3日の合同合宿を行いました。
 今年参加した高校は麻生、海老名、金井、川和、藤沢西、元石川、大和南、横須賀、横浜学園、相模原総合の10校です。
 今回の合宿ではすべてにおいて一番になる≠アとをチームの目標としました。
 全員が一生懸命に大きな声を出したり、素早い行動を心掛けたりし、たくさんの学校の中でも目立つことができました。 例年は5日間の合宿ですが、今年は3日間という短い期間に濃い稽古を行えました。稽古以外にも、大勢で生活することで学んだことは多くあったように思います。
 この合宿をきっかけに意識を高め、県の上位で戦えるような力をこの夏でつけていきます。


   

   



  軽音楽部

 軽音楽部は8月6日〜9日の3泊4日、長野県北志賀高原において合宿を行いました。
 初日の決意表明会ではこの合宿を通しての目標を部員一人一人が掲げます。2日目、3日目は朝8時〜夜9時まで小スタジオでのバンド練習、オリジナル曲の作成、夜9時からはパート別の練習が行われました。最終日は部員全員が入ることのできるスタジオを借りての成果発表会です。 思うように曲が作れなかったり、演奏ができなかったりして悔し涙を流す姿も見られました。
 この4日間を通して個人的な技術力、バンドとしての演奏力だけではなく、集団行動の中で「周囲に目を配ること」「気を向けること」「協力すること」の大切さ、そして何より「感謝すること」の重要さを学ぶことのできる合宿になったのではないかと思います。
 1、2年生は文化祭、秋のコンクールに向けて、3年生は全国大会での入賞、引退前最後の行事となる文化祭に向けて全力で臨んでいきます!

  
   

  
 



 演 劇 部

 演劇部は8月5〜6日の1泊で、神奈川県立愛川ふれあいの村にて合宿を行いました。
 演技の幅を広げるためには、色々な経験が役に立ちます。今回の合宿ではいつもの仲間にOBを加えて、自然が豊かななかいつもとは違う経験ができたのではないかと思います。 練習では、次の公演にむけての作品練習や、即興劇を行ったりし、演技力や発想力を磨きました。
 9月には文化祭公演、そして10月には秋季大会があります。良い作品をつくりあげることができるよう、今後も頑張っていきます。